ログイン
検索
メインメニュー
開発者ブログ
ブログ一覧
ChangeVisionメンバーズ分布マップ
カテゴリ
メイン : Harry : 
 最新エントリ配信

最新エントリ
2007/12/28
カテゴリ: Harry : 

執筆者: harry (11:21 am)
大勢のJUDEユーザーからテンプレートクラスと
Java5.0ソースコード読み込みのご要望を頂いて
本当にありがとうございます。
JUDEチームのクリスマスプレゼントとしてこれら
の機能を実現しているJUDE Professional5.2Beta
およびCommunity5.2をクリスマス直前にリリース
いたしました。

ここでJUDEのテンプレートクラス機能について
簡単な説明をさせて頂きます。

テンプレートクラスのイメージ

以上の図は、Java5.0ソースコードを読み込んで
生成されたクラス図の一部でJava.util下にある
ArrayListの構造を表します。
テンプレートパラメータEを持つAbstractListと
List、ArrayListは、テンプレートクラスで、
その他のAbstractListとListは匿名バウンドクラス
です。

テンプレートクラスとバウンドクラスの作成

テンプレートパラメータを追加することで普通の
クラスはテンプレートクラスになります。
クラスにテンプレートパラメータを追加するには、
(1)クラスのポップアプメニュー(2)クラスの
プロパティビューにあるテンプレートパラメータ
タブ、で実現できます。

クラスをバウンドクラスに変身させるには、
このクラスからテンプレートクラスにテンプレート
バインディングをはるだけでいいです。

匿名バウンドクラスを作るには、
(1)バウンドクラスのクラス名を消すこと、
(2)テンプレートクラスをクラスの操作・属性
のタイプに設定すること
が必要です。

(2)について、もう少し説明をします。
例えば、テンプレートクラスtempとクラス0があります。
クラス0は属性0を持ちます。図上編集でtemp
属性のタイプに設定します。
それでtempへの匿名バウンドクラスが生成されます。

実力チェック

以上のソースコードとそのクラス図を比べれば、
微妙な違いを覚えないでしょうか?
理由、ご存知でしょうか?

テンプレートクラスなどのJUDE機能に質問やご指摘が
あれば、ご遠慮なく教えて頂けないでしょうか?
メールでもこのコミュニティサイドでもよろしいです。

最後に、
みなさん、良いお年を