ログイン
検索
メインメニュー
開発者ブログ
ChangeVisionメンバーズ分布マップ
フォーラム一覧   -   トピック一覧
   astah*の使い方
     サブマシン状態のスタブ状態
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 トピック
ゲスト
投稿日時: 2007-2-7 14:33
サブマシン状態のスタブ状態
ゲストの「ゲスト」さんからの投稿です。
---

状態遷移図の作成画面の中に、「サブマシン状態のス
タブ状態」というのがあります。ウェブ検索しても、
あまり情報がありません。

これはどういう場合に利用するものなのでしょうか?


下のトピックと同じ悩みを持っています。下トピックの
問題と関係がありますか?
http://jude-users.com/ja/modules/xhnewbb/viewtopic.php?topic_id=62&forum=3&post_id=216#forumpost216

ご面倒ですが、アドバイスをお願いします。
joba
投稿日時: 2007-2-9 14:44
開発者
登録日: 2006-4-27
居住地: Fukui
投稿: 597
Re: サブマシン状態のスタブ状態
返信が遅くなり申し訳ありません。

頂戴した質問に回答いたします。

まずご存知かとは思いますが、サブマシン状態とは、ある状態マシンを別の
状態マシンの中の1つの状態として再利用するために定義されたものです。

サブマシン状態を作成するには・・・
1.ダイアグラムエディタ上に、ステートチャート図を開きます。
2.構造ツリーから、呼び出したいステートチャート図を選択して、
ダイアグラムエディタ上にドラッグ&ドロップします。

スタブ状態は、
サブマシン状態に、開始擬似状態を経由しない特別なルートで遷移を描く場合の
入り口や、サブマシン状態の中から、特別なルートでサブマシン状態の外に遷移
する際の出口を表現する場合に使用します。

下の例をご覧下さい。








■左上のスタブ状態
Error 1のトリガーを持つ遷移が、サブマシン状態[Failure Submachine]の中
にある[Sub 1]の状態で終結することを示します。

■右上のスタブ状態
Error 2のトリガーを持つ遷移が、サブマシン状態[Failure Submachine]の中
にある[Sub 1]の更に[Sub 12]で終結することを示します。

それと対照に、Error3のトリガーを持つ遷移は、サブマシン状態[Failure Submachine]状態
全体にかかる遷移であることを示します。
(サブマシン状態の開始状態に向けて遷移を描く場合は、スタブ状態を作成する必要はありません。)

■中央の[Sub End]のスタブ状態
[fixed 1]のトリガーを持つ遷移が、サブマシン状態[Failure Submachine]の中
に含まれる[Sub End]状態を遷移元として、生じていることを示します。

また、サブマシン状態から右方向に出ている遷移は、サブマシン状態の終了状態に
完結した状態から遷移が生じていることを示します。
(終了状態まで完結したサブマシン状態から生じる遷移を示す際は、スタブ状態を作成する必要はありません。)

#スタブ状態は、UML 2.0より[入状点]、[退状点]に変更になりました。

長くなりましたが、図を複雑にしないためのアドバイスとしては・・・、
・内部に詳細な状態を含む状態(コンポジット状態)を1枚のステートチャート図に
記述し、そのステートチャート図を[サブマシン状態]として扱ってみてはいかがでしょう。
サブマシン状態の図を開くには、サブマシン状態のポップアップメニューから[図を開く]を選択してください。

#JUDEでは、コンポジット状態の表示/非表示機能には現在対応していません。
また、リンクにある件、[並行記述]のサポートについても現時点では、まだ具体的な対応予定はございません。

ご不明な点、疑問点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を