ログイン
検索
メインメニュー
開発者ブログ
ChangeVisionメンバーズ分布マップ
フォーラム一覧   -   トピック一覧
   astah*の使い方
     [Tips]「XMI曖昧化オプション」でバグ退治にご協力お願いします
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 トピック
murata
投稿日時: 2006-10-27 19:37
開発者
登録日: 2006-5-9
居住地: 福井県福井市
投稿: 48
[Tips]「XMI曖昧化オプション」でバグ退治にご協力お願いします
JUDE/Professionalのプロパティの中で最もマイナーなものの1つが「ファイル」の「XMI出力機能において、曖昧化された情報を出力する(不具合報告用)」だと思います。

利用者の方々には申し訳ないのですが、この機能はただただ、当方の都合によるものです。

残念ながら、JUDEに関する不具合報告は続いておりまして、丁寧な不具合再現条件を知らせてくださる利用者様が多い事には、心から感謝しております。

しかし、中にはどうしても、利用者様が扱っておられるモデルデータを解析しなければ不具合の原因が判らない場合がございます。

扱っておられるモデルデータをそのままお送りいただけるのが一番ありがたいのですが、当然、利用者様の秘密に関わる情報の送付をお願いするわけには参りません。

例えば下記の様なユースケース図を扱っておられる時に、特定の操作でJUDEが異常終了してしまう場合、利用者様が当方にユースケース図のテキストを開示いただけない場合があると思います。



モデルデータに依存する不具合は、モデルの構造に何らかの間違いが発生している場合が殆どです。利用者様の秘密に関わる情報を取り除いた形で、モデルの構造情報をお送りいただく方法として、「XMI出力機能において、曖昧化された情報を出力する(不具合報告用)」というオプションがございます。

このオプションをONにした状態で、「XMIプロジェクトファイル出力」にてXMIファイルを出力していただきますと、モデルの名称やステレオタイプなどの具体的なテキストを"elementXX"におきかえたり、ノートの文字列などを空白に置き換えた状態で、モデル情報が書き出される様になっております。



モデルデータに起因すると思われる不具合が発生した場合、こうした形でならば当方にお見せくださるのでしたら、どうか、不具合解決の為にご協力下さる様、お願いいたします。

なお、XMIファイル出力を普段からお使いの利用者様は、必ず「XMI出力機能において、曖昧化された情報を出力する(不具合報告用)」をオフに戻す様に、ご注意下さい。
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を