ログイン
検索
メインメニュー
開発者ブログ
ChangeVisionメンバーズ分布マップ
フォーラム一覧   -   トピック一覧
   astah*の使い方
     [Tips] ER図、リレーションシップのカーディナリティ(多重度)に定数を設定する
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 トピック
yamazaki
投稿日時: 2011-12-15 10:12
一人前
登録日: 2006-5-5
居住地:
投稿: 132
[Tips] ER図、リレーションシップのカーディナリティ(多重度)に定数を設定する
Twitterで ER図のカーディナリティの作成について
つぶやきがありましたので、Tipsとして書いてみます。

ER図で、エンティティとエンティティをつなぐリレーションシップ(関連)には、
カーディナリティ(多重度)を設定できます。簡単に書くと、エンティティと
エンティティが何対何でつながっているかを表現するのがカーディナリティです。

astahでER図を描いてみると、エンティティ間には依存型、あるいは非依存型のリレーションシップを
設定できます。(画像は、エンティティ0が親、エンティティ1が子になる、依存型リレーションシップを設定したところ)








このリレーションシップにカーディナリティを設定するには、二つの方法があります。
親1に対して、子にあたるエンティティ側に設定されます。

- リレーションシップを選択して右クリックでポップアップメニューを表示します。
[カーディナリティ]で表示される [0または1以上]、[1以上]、[0または1]、[定数]のいずれかを選択します。



























- リレーションシップを選択して、左下に表示されるプロパティビューで 「ベース」タブから
カーディナリティを選択します。
プルダウンメニューに表示される [0または1以上]、[1以上]、[0または1]を選択するか、
もしくは定数(1)を直接入力します。






















1対1のカーディナリティを設定できました。

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を