ログイン
検索
メインメニュー
ブログ一覧
murataさんのエントリ  murataさんのエントリ配信

2006/07/20
ああ、ゴールデンゴールズ・・・

執筆者: murata (7:01 am)
おそらくKotaさんに多くを語っていただくべきニュースではないかと思うが、「欽ちゃん球団」こと茨城ゴールデンゴールズが、メンバーの不祥事を理由に解散する事になったのは、非常に残念である。

実は福井テレビの企画で、ゴールデンゴールズが福井に試合に来る事になっていて、対戦相手としての福井ミリオンドリームズのメンバーが募集中であったのである。

一昨年の福井豪雨に続いて、今年も福井市は豪雨の被害を受けてしまった。一昨年には私の家も被害を受けている。

こんなタイミングだからこそ、ぜひともゴールデンゴールズには来て欲しかった。 福井にはプロ野球チームもプロサッカーチームもなく、年に一回、阪神タイガースの主催試合が来るだけだからである。

球技が物凄く苦手で、いつも同僚たちからの誘いを遠慮している私ではあるが、スポーツ興行が与える効果というものは理解している。

どうか欽ちゃんには、解散宣言を撤回して欲しい。
murataさんのブログを読む | コメント (4) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (5357)
このエントリのトラックバックURL
http://astah-users.change-vision.com/ja/modules/weblog/weblog-tb.php?72
印刷用ページ 友達に送る

投稿者 スレッド
naka_aki
投稿日時: 2006-7-20 10:58  更新日時: 2006-7-20 10:58
常連
登録日: 2006-7-4
居住地:
投稿数: 42
 無題
こんにちわ。
この件はニュースを見て、かなりマイナスな感想を持ちました。つまり、
「責任逃れか?」
「かけた梯子を外すのか?」
「罪の無い選手たちに累を及ばせてどうする?」
「ゲーノー界のグループとかならそういう理屈も成り立つのかも知れないが、球団とか(あと一般の会社とか)では不味いでしょ?」
と思いました。

ほんとに球団というものを運営する「覚悟」が彼に有ったのか、今となっては疑問です。
まあ、覚悟はこれから改めて作り直すことも出来ます(つまり撤回できます)から、挽回に期待しています。
返信

投稿者 スレッド
murata
投稿日時: 2006-7-26 17:50  更新日時: 2006-7-26 17:50
開発者
登録日: 2006-5-9
居住地: 福井県福井市
投稿数: 48
 撤回してくれましたね。
メンバー個人の不祥事についての責任の取り方については、今後の司直の判断も交えて議論しなければなりませんが、早すぎる「連帯責任」の宣言は間違いだったと思います。欽ちゃんらしいといえばそうなのですが。

また、解散宣言時に消えていた福井テレビのHPのページが復活しました。

http://www.fukui-tv.co.jp/from/from_golden.html

あれ?いつのまにか、福井ミリオンドリームズのメンバーや監督が決定していますね?
返信

投稿者 スレッド
naka_aki
投稿日時: 2006-7-27 15:11  更新日時: 2006-7-27 15:11
常連
登録日: 2006-7-4
居住地:
投稿数: 42
 Re: 撤回してくれましたね。
>早すぎる「連帯責任」の宣言は間違いだったと思います。

ある知人が今回の件を、「親子無理心中をやらかす親の(身勝手な)理屈」にたとえていました。
旨いたとえだと思います。
だって今回の事件は、他の選手や各種支援団体には「責任」なんて元々無いはずの事柄なのですから。
連帯責任という考え方が発生するのがまずおかしい。

そういう意味では、早すぎるとかいう以前に、有ってはならない事、的外れな事、だと思います。

(たとえは悪いですが)仮にJUDEを作ってるかたがたの中の誰かが
ヤバイことをやらかしてしまったとしても、
「だから」といって明日からいきなりJUDEのサポートが消滅したりしたら、
我々はそれを到底承服できないでしょうね。

>欽ちゃんらしいといえばそうなのですが。

彼のことはよく知らないですが、これは「こういうことをやらかす(=信用ならない)人」だという意味ですか?

TVの中で動いてる人たちだけの間の理屈(筋論)としては、
ああいう対応(=少しでも雲行きが怪しくなったら消滅)でも良いのかも知れませんが、
実社会の多くの人を既に巻き込んでいるProjectでは、
勝手に倒れることは許されないと思います。

そんなわけで、この一件は、捉えようによっては、いわば
「彼も、いわゆるバーチャルとリアルの区別がつかない人なのかな?」
とも言えなくもないと思います(^^;

なお、むろんこれは、あくまでTVの中で動いている彼というキャラ(芸)の良し悪しとは無関係な問題です。
(とはいえ、「仮装大賞」が急に潰れたら、悲しむ人は多いだろうなあ。出場を予定してた人なんて特に。)
返信

投稿者 スレッド
murata
投稿日時: 2006-8-9 18:42  更新日時: 2006-8-9 18:42
開発者
登録日: 2006-5-9
居住地: 福井県福井市
投稿数: 48
 Re: 撤回してくれましたね。
お返事がおそくなりました。

>欽ちゃんらしいといえばそうなのですが。

これについては、私としては、
「決して下ネタをギャグには使わない」
という萩本欽一氏のポリシーを裏切る騒動を関係者が起こしてしまったという点で、「球団ごと消えてしまいたい」と思考した事が、「欽ちゃんらしい」と映ったと言いたかっただけで、萩本氏を無責任な芸人だとは考えていません。

 勿論、私自身、「下ネタ」や「際どい暴力ネタ」も「表現の自由」だと考えていますが、欽ちゃんの芸風については、「欽ドン」や「欽ドコ」をテレビやラジオでリアルタイムで、しかも、家族と共にお茶の間で楽しんだ世代です。彼の芸人としての哲学から見ても、関係者の性的暴行スキャンダルは、死にたいほど辛い出来事だったと察するにあまりあるのです。

 勿論、おっしゃる様に、スポーツ興業としてチームを率いている立場を考えれば、独断で解散宣言を行った事は、極めて無責任です。(福井では、福井テレビや福井ミリオンドリームズの関係者に影響が出ましたし、ミリオンドリームズへの参加を迷っていた人から参加の機会を奪ってしまった可能性もあります。)

 瞬間湯沸かし器の欠陥死亡事故問題における、パロマの初期の対応も無責任ですが、これとは対照的な意味での無責任さが、萩本氏にはあったのだと思います。
 何というか、幕府からの沙汰を待たずに、勝手に一族郎党を惨殺した上で切腹してしまうような意味合いでの無責任さですね。

 勿論、我々JUDEチームは、仮に突然1人が塀の中の人になったり、あの世の人になったりしても、サービスを打ち切ったりはしませんので、ご安心ください。
返信