ログイン
検索
メインメニュー
ブログ一覧
murataさんのエントリ  murataさんのエントリ配信

2006/07/20
何と日経新聞社会部がスクープ!

執筆者: murata (6:44 am)
珍しく早朝に目が覚めてしまった。とりあえず、テレビをつけて朝のワイドショーを見て驚いた。何と、日本経済新聞が一面トップで、社会面の記事をスクープしたのである。うちは日経を取っているのだが、福井で宅配された版には載っていないので、本当に印刷が始まってから差し替えられた特ダネの様である。

内容は、当時の宮内庁長官が残したメモで、昭和天皇が靖国神社へのA級戦犯の合祀に不快感をお示しになって、それを理由にご自身による参拝をやめておられたらしいという事が判ったというものである。

中国と深い繋がりがある我が社の社員としても、靖国問題は非常に難しい問題であって、正直言って私自身どう考えて良いか判らずに居た。(私はカトリックなので、「信仰の自由」という論点については一論あるが。)ネットの掲示板などを見ても、この問題に対する意見の表明は常に、「ウヨ」「サヨ」のレッテル貼りのネタにされているわけであり、識者や政治家たちの議論に目を転じても、内政・外交を織り交ぜて激論が戦わされている問題でもあるからだ。

私は日経新聞そのものは、特に右翼でも左翼でもないと考えている。そして、社会面記事に関してはあまり強くないとも認識している。その日経が行ったスクープだけに、それが問題の議論に与えるインパクトは大きいだろう。

伝え聞くところによると、昭和天皇は終戦時に、戦犯として処罰される事を覚悟しておられたという… 北朝鮮によるミサイル発射問題に関して、国連やサミットを通じて毅然とした態度を示す事ができたとは言え、現在、外交上難しい状況にあるわが国としても、陛下のご遺志が明らかになった事は重要な出来事である。


さて、このエントリーを書いている間に、日経新聞の社員が社内で不正アクセスを行って得た情報を用いてインサイダー取引を行っていたというニュースが報じられた。今日という日は、日経新聞にとっては騒がしい一日となるだろう。
murataさんのブログを読む | コメント (1) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (5456)
このエントリのトラックバックURL
https://astah-users.change-vision.com/ja/modules/weblog/weblog-tb.php?71
印刷用ページ 友達に送る

投稿者 スレッド
murata
投稿日時: 2006-7-26 18:13  更新日時: 2006-7-26 18:19
開発者
登録日: 2006-5-9
居住地: 福井県福井市
投稿数: 48
 今回福井県内の宅配・コンビニ売り版には載らなかった理由
昔の新聞は、東京や大阪で朝刊を印刷してから、全国に送っていたので、地方に行くほど記事の内容が古くなってしまって、早版と遅版の差が大きい事は珍しくなかったのですが、最近は、記事のデータを各主要都市の印刷所に伝送してから印刷しているので、こういう現象は珍しくなっています。

福井県に配達される朝刊は、石川県の印刷所で印刷したものを配っているのですが、今回に限っては、水害の影響で、定刻に配達できない恐れがあるから、普段よりも30分間早く、内容が締め切られたのです。この為、日経新聞の一面や関連記事については、福井県内には第13版が配達され、石川県には第14版が配達されたわけです。そして、昭和天皇の発言メモのスクープについては、第14版で印刷されたので、今回の様な珍しい現象が起こったという訳です。

さて、こういう場合、最新版を入手するにはどうすれば良いかというと、駅の売店で購入すれば良いのです。もしくは、印刷をしている県の販売所に電話して郵送してもらうという手があります。コンビニ売りなどの場合は宅配されたバージョンと同じになります(というか、新聞配達店がコンビニに配っています。)ので、7月20日に福井県で出回っていた日経新聞の朝刊は、駅売り以外は第13版だったのでした。

やはり従来からの紙のメディアでは、情報通信の恩恵を受けても、災害などの影響を受けてしまうんですね。

一部の評論家には、社員によるインサイダー取引の不祥事を掻き消す為に、日経が意図的にこの日にスクープしたと勘ぐる人が居ますが、社員の不祥事が明け方近くに明るみになったとは考えにくいなあ・・・ 他社の早版の記事を見て、慌てて差し替えたって可能性はありますが、日経としてはこういう世論に影響する記事については、裏づけが取れるまでは載せないと思うんですけどね。一面トップ記事が間違いだったらよっぽど信用を無くすわけですし…
返信