ログイン
検索
メインメニュー
開発者ブログ
ブログ一覧
ChangeVisionメンバーズ分布マップ
okamuraさんのエントリ  okamuraさんのエントリ配信

2010/08/02
astah6.2へバージョンアップされる方に注意していただきたいこと

執筆者: okamura (12:06 pm)
皆さん、astah*のご利用ありがとうございます。

すでにastahをプロジェクトなどで使われている方向けに、astah*6.2へのバージョンアップ時の注意点などを説明したいと思います。

事前に把握しておかないと戸惑うであろう仕様変更を中心にお伝えします。
どんな機能が追加されたかについては、別の記事などをご覧ください。

■1 新規図要素の色や見た目が変わります
astah* 6.2で新しいプロジェクトを作成し、図にクラスなどを追加すると、今までと違い黄色でグラデーションがかかった見た目になります。クラス以外についても同様です。これは、astah* がデフォルトの見た目を変更したためです。
今まで「ツール」−「システムプロパティ」−「新規図要素の色」で個別に色を設定されていた図要素については、そちらの設定が残るために、見た目は変わりません。デフォルトのデフォルトが変わったという感じです。
困るよ、という方もいると思います。その方は、システムプロパティで、「無色スタイルの適用」と押していただくと、全図要素の色が以前のバージョンのように設定なし(背景白)になります。
色以外にもデフォルトオプションが変更になっていますので、必要に応じて変更をお願いします。

色の設定:
「ツール」−「システムプロパティ」−「新規図要素の色」
デフォルト値
以前:設定なし(白) → 6.2:薄黄色(ノートはピンク)

影の設定
「ツール」−「ダイアグラムエディタ」−「図要素に影を表示する」
デフォルト値
以前:なし → 6.2:あり

グラデーションの設定:
「ツール」−「ダイアグラムエディタ」−「グラデーション(図要素)」
デフォルト値
以前:なし → 6.2:斜め

テキストのアンチエイリアス
「ツール」−「ダイアグラムエディタ」−「テキストのアンチエイリアス」
デフォルト値
以前:なし → 6.2:あり

設定が反映されない場合は、astah*を再起動してください。
また、次の項目も参照ください。

■2 新規図要素の色や見た目の設定をプロジェクト(.astaファイル)も保持します

システムプロパティで設定した見た目が、新規図要素の反映されない場合、プロジェクトがもつ設定を確認ください。
astah* 6.2から、プロジェクトも見た目のオプション設定を保持するようになりました。基本的なオプションの判定順序は、次のようになります。

astah* 6.2以前: (図要素の設定) → (図の設定) → システムプロパティ

astah* 6.2以降: (図要素の設定) → (図の設定) → (プロジェクトの設定) → システムプロパティ

そのため、新規図要素の色などは、プロジェクトの設定を変更しないと反映されないことがあります。ここがちょっとわかりづらい点すいませんが、注意をお願いします。システムプロパティの画面で、プロジェクトのPアイコンがついているオプションは、プロジェクト自体もオプションを保持していることを示していますので、参考にしてください。

プロジェクトの設定は、次の手順で変更できます。
(1)プロジェクトを開く(または新規作成する)
(2)構造ツリーでプロジェクトのコンテキストメニューを表示
(3)「プロパティの設定」を実行
または、
(2)構造ツリーでプロジェクトを選択してプロパティビューを表示
(3)「プロジェクトの設定」タブから「プロジェクトのプロパティ」の「設定」ボタンをクリック

プロジェクトが設定を保持することで、別の人にモデルを渡した場合でも、見た目をなるべく維持する目的で、今回の変更がはいっています。ご理解いただければと思います。

システムプロパティの設定は、プロジェクトの設定のデフォルトになります。実は、プロジェクト新規作成時に、システムプロパティの値がプロジェクトに複製されます。なので、システムプロパティで一度好みの設定に変更しておけば、毎回プロジェクトの設定を変更する必要はありません。

■3 大規模プロジェクト読み込み時の設定
大規模なプロジェクトファイルを扱っている方で、astah*の起動オプションでスタックサイズを変更されていた方に関係します。
スタックサイズをastah*の本体のオプションで扱うようにし、デフォルトの値も大きくしました。そのため、通常スタックサイズのことを気にする必要はなくなったと思います。
もし、値を変更しないといけないケースが発生した場合は、
「システムプロパティ」−「ファイル」−「プロジェクトの書き込み・読み込み時のスタックサイズ」
で変更も可能です。

もし6.2へのバージョンアップで、ここが困ったなどお気づきの点があれば、教えていただければここに追記したいと思います。

地味だけど現場がうれしい改善がたくさん入ったastah*6.2を、ぜひご利用ください。
okamuraさんのブログを読む | コメント (3) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (7915)
このエントリのトラックバックURL
http://astah-users.change-vision.com/ja/modules/weblog/weblog-tb.php?254
印刷用ページ 友達に送る

投稿者 スレッド
Tommy123
投稿日時: 2013-6-10 5:03  更新日時: 2013-6-10 5:03
新米
登録日: 2013-6-10
居住地:
投稿数: 5
 Re: astah6.2へバージョンアップされる方に注意していただき...
That is why it is better that you should relevant research before writing. You will be able to write better post this way.
resume for executive assistant
返信

投稿者 スレッド
homekit1
投稿日時: 2014-7-2 2:06  更新日時: 2014-7-2 2:07
新米
登録日: 2014-7-2
居住地:
投稿数: 1
 HomeKit is a new framework for communicating
With HomeKit Apple brings home automation manufacturers who together. Think of centrally managing locks, lighting, security cameras, thermostats and natural lighting. HomeKit was unveiled Monday at WWDC 2014. Manufacturers can connect http://homekit.com to the system from Apple, and make use of special APIs. Users can group devices and groups of devices linked to actions. Siri also does it tell you to go to bed and the virtual assistant does the door locked and the lights off downstairs.
返信

投稿者 スレッド
bnayan
投稿日時: 2014-10-8 20:49  更新日時: 2014-10-8 20:50
新米
登録日: 2014-10-8
居住地:
投稿数: 1
 ...
私はそれを非常に感謝し、すべてのものをありがとうございました。アドバイスは非常に面白 http://www.opzionibinariegov.com/
返信