ログイン
検索
メインメニュー
開発者ブログ
ブログ一覧
ChangeVisionメンバーズ分布マップ
Kotaさんのエントリ  Kotaさんのエントリ配信

2009/01/30
JUDE-C++ユーザーレクチャーシリーズ3[テンプレートを使用したC++ソースコード出力]

執筆者: Kota (11:34 am)
C++ユーザー向けのレクチャーシリーズ3です。

前回でお腹いっぱいになられたかもしれませんが、
今回はそのプロジェクトを開いてソース出力してみます。



(1)[ツール][C++][C++スケルトンコードの作成]を実行し、オプションはデフォルトの設定で行います。
  ちなみにフォワードの対象となるのはバウンドクラス以外です。
(2)ATemplate、BTemplate、CTemplate、DTemplateの*.hと*.cppが出力されるはずです。
(3)ここでCTemplate.hに着目してみましょうかね?
ちゃんとテンプレートが出力されています。
参照されるべきインクルードも出力されていることがわかります。
=======================================
#ifndef C_TEMPLATE_H
#define C_TEMPLATE_H

#include <string>
#include <vector>
#include <list>
#include <iostream>
#include <assert.h>

#include "ATemplate.h"
#include "BTemplate.h"

class CTemplate
{
private:
ATemplate<BTemplate> att1;
ATemplate<BTemplate*> att2;
ATemplate<int> att3;
ATemplate<int*> att4;
ATemplate<> att5;
};
#endif
=======================================
(4)ここでDTemplate.hもチェックしてみます。
T5テンプレートのデフォルトの型がBTemplateになっています。
=======================================
#ifndef D_TEMPLATE_H
#define D_TEMPLATE_H

#include <string>
#include <vector>
#include <list>
#include <iostream>
#include <assert.h>

#include "BTemplate.h"

template <class T5=BTemplate>
class DTemplate
{
private:
T5 attD;
};
#endif
=======================================

とりあえず、思いつきブログのJUDE-C++ユーザーレクチャーシリーズはこれで終了します。
また、不定期に書くかもしれません。
それまで、また!
Kotaさんのブログを読む | コメント (0) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (5486)
このエントリのトラックバックURL
http://astah-users.change-vision.com/ja/modules/weblog/weblog-tb.php?228
印刷用ページ 友達に送る