ログイン
検索
メインメニュー
開発者ブログ
ブログ一覧
ChangeVisionメンバーズ分布マップ
okamuraさんのエントリ  okamuraさんのエントリ配信

2008/07/30
今月の要望

執筆者: okamura (6:55 pm)
数週間ためてしまったため、”今週の”から”今月の”要望にタイトルが変わっています。すいません。もちろん、いただいたアンケートの回答は毎週しっかり目を通していますよ。

さて、がんばってたくさんの要望にコメントします。

{ フォントの書式を帰れるようにしてほしい。
その他、文書としての体裁のための機能が欲しい。
プラグインが開発できるようにしてほしい。
アプレット等でWebで作成したダイアグラムを表示できるようにしてほしい。
↑これがあったらPro版買いたいです。 }


フォント設定については、優先度をやや高めに考えています。
参考までにPro版では、プロジェクトのデフォルトフォントを設定可能です。ただ、個々のノートのフォント設定などができませんので、このあたりをはやめに対応したいと思っています。
Webでのダイアグラム表示ですが、これはWebでダイアグラムを編集いたいという要望でしょうか?
それとも、JUDEで作成した図をブラウザ上で見たいということでしょうか?もし後者であれば、Pro版のHTML出力機能が要望を満たすかもしれません。図も出力されます。

{ 自動コード生成よりも、UML図を楽に描けることを一番に考えて欲しい。
(開発言語はJavaばかりではないので) }


はい。この部分は特に大事にしたいと思っています。

{ ・UML2.0への完全対応
・ユースケース記述作成機能
・リンク機能、UML管理機能の向上}


UML2.0については、相互作用概要図とタイミング図が未対応です。これに関しては、まだJUDE利用者が、現場で実際に使う機会が少なめなのではないか、と感じていたため、ER図などを優先していたことが関係しています。
対応を進める場合も、まずはアクティビティ図などでのUML2.0要素対応の充実からかなと思っています。
ユースケース記述作成機能とハイパーリンク機能については、Professional版に機能がございますので、お試しいただければと思います。


{ C++/CLIに対応して欲しい。 }

まずは、API利用サンプルで、ちょっとしたサポートを提供できないか検討中です。

{ マインドマップのPDF出力 }

今のところは、PDFへの印刷ドライバをお使いいただければと思っています。
フリーのものでも十分使えるものが提供されていますし、利用も簡単です。
JUDEからの印刷で、プリンタの選択でPDF出力用のプリンタドライバを選択するだけです。
一度お試しください。

{ A simple flowchart editor (decision flowchart), although it's far from the original UML editor feature, it shouldn't be too hard to implement. }

Professional版では、フローチャートも対応していますので、お試しいただければと思います。

{ - Generation of C# Skeleton Code from Models => Syntax is very similar to Java, this should not be easy to implement }

Professional5.3において、C#に対応しましたので、まず見てみてください。

{ compatibility with java1.6 }

Java1.6のソースコード読み込みのことでしょうか?
もしそうだとすると、JUDEで読み込めると思っていますので、もし問題があるようでしたら、ご連絡ください。

{ シーケンス図で、途中にメッセージを追加するとき、自動的に下にずれてほしい。今は、追加する位置より下を手動でずらさなければならず、大変苦労する。 }

メッセージを複数選択して下にずらすことが可能ですが、それでは足りないでしょうか?
図が大きくて選択しづらい場合は、いったん表示を縮小すると選択しやすいと思います。
自動で下に動いてほしくないケースもありそうですので、今のところ対応は予定していませんが、もう少し具体的な状況と仕様案がいただければ、検討したいと思います。

{ More flexibility when exporting UML models. Integration with Velocity (enabling end-users to fully customize the exporting of models) would be nice. I use Jude to generate big models and the generated RTF is very different (layout-wise) from the documents I write. So, in the end, I must customize a 50+ pages RTF to my layout/design. }

RTF出力のオプションは多数用意していますが、確かに見た目のカスタマイズ性はちょっと低いと思っています。
APIでモデル情報はほとんどすべて取得できますので、独自の出力が必要な場合は今のところAPIを利用いただければと思っています。

{ I want the Chinese verson!
Want more Chinese guys to use this. }


メニューをほかの言語に対応できるようにリソースファイルを公開しています。リソースを翻訳してみてもらえるととてもうれしいです。
次のページをご覧ください。http://jude.change-vision.com/jude-web/download/property.html

{ There are about 13 diagrams, but thare are just 8 diagramas in nowadays version.version }

UML2.0には、13種類の図が定義されています。JUDE/Professionalでは8種類ではなく、そのうちの11種類に対応しています。
さらにUML以外の現場で使われる図として、マインドマップ、フローチャート(業務フロー)、ER図、DFD、CRUDに対応しています。
相互作用概要図とタイミング図には未対応です。オブジェクト図とパッケージ図は、クラス図のメニューから作成可能です。

{ プロフェッショナル版にあるマージ機能をコミュニティ版にもつけてほしい。 }

これはごめんなさい。マージ機能は、チームでの開発をサポートするProfessional版の重要な機能と考えていますので、Community版での提供は予定しておりません。
okamuraさんのブログを読む | コメント (1) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (7242)
このエントリのトラックバックURL
http://astah-users.change-vision.com/ja/modules/weblog/weblog-tb.php?209
印刷用ページ 友達に送る

投稿者 スレッド
ごろ
投稿日時: 2008-8-28 23:18  更新日時: 2008-8-28 23:18
 C++/CLI対応に期待
C++/CLI対応に1票。
返信