ログイン
検索
メインメニュー
開発者ブログ
ブログ一覧
ChangeVisionメンバーズ分布マップ
jobaさんのエントリ  jobaさんのエントリ配信

2008/02/14
「深さ固定モード」で、図要素、フローチャート要素の前面/背面の配置を変更して固定できます

執筆者: joba (6:35 pm)
皆さん、こんにちは。
今日の福井は、一日中雪が降り続いています。とても寒いです。
東京本社にいるメンバーによると、今日の東京は晴れだとか。うらやましい・・。

今日は「深さ固定モード」の機能を紹介します。「深さ固定モード」は、JUDE全製品(JUDE/Professional, JUDE/Community, JUDE/Biz, JUDE/Think!)に搭載されています。知っていると便利な機能なので、是非読んでいってください。

◆「深さ固定モード」って何??

「深さ固定モード」は、図要素や、フローチャート要素の重なりの順序を記憶する機能です。

◆どんな時に使うの?

重ねて描画した図要素やフローチャート要素の、重なりの順序(前面・背面)を固定したい時に使います。

深さ固定モードがOFFの状態では、最後にクリックした要素が最前面に表示されるため、重なりの順序が変わることがありますが、「深さ固定モード」をONにしておけば、順序は固定されたまま変わることはありません。

下の例をご覧下さい。(JUDE/Bizのフローチャート)












真ん中の[処理C]をクリックすると、
深さ固定モードがONの場合は、重なりの順序を保持したまま、[処理C]が選択状態になります。
深さ固定モードがOFFの場合は、[処理C]が最前面に表示されて選択状態になります。([処理C]を[処理B]の背面に戻すには、[処理B]を選択する必要があります。)

順序を固定する要素は「線分」も含むため、「深さ固定モード」をONにすることで、下の例のように、線分が図要素の前面に表示される状態を防げます。














◆「深さ固定モード」のON/OFFはどうやって設定するの?

ツールバーの右端にある「深さ固定モード」ボタンを押下して設定します。
図の新規作成時は、デフォルトで「ON」に設定されています。

(JUDE/Bizの場合)





(JUDE/Professional データフロー図の場合)







◆お知らせ(「深さ固定モード」とは何の関係もありません)

その1:本日、プロジェクトの状態を”見える化”するTRICHORDバージョン1.3をリリースしました!
(TRICHORDカンバンイメージ)


TRICHORDは、チーム作業と改善を促進させるプロジェクトマネジメントツールです。無料評価版もありますので、興味のある方は、是非お試し下さい! ⇒ TRICHORD製品サイト





その2:平鍋が、昨日「Developers Summit 2008」のセッションに参加しました。おそらく平鍋のブログが更新されることでしょう・?(平鍋へのブログは、左メニューの[ブログ一覧] - Hiranabeをクリックしてください


その3:先週末「讃岐うどん」食べに行ってきました!どのお店も、コシのあるうどんで美味しかったー。香川に住んでる方は、美味しいうどんを毎日食べられて幸せですね。
jobaさんのブログを読む | コメント (1) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (8923)
このエントリのトラックバックURL
http://astah-users.change-vision.com/ja/modules/weblog/weblog-tb.php?182
印刷用ページ 友達に送る

投稿者 スレッド
東 倫広
投稿日時: 2009-10-12 22:52  更新日時: 2009-10-12 22:52
 バグかな?
1年前にJUDE/Professionalのライセンスを購入した。今使っているバージョンは5.4.1(モデルバージョン29)です。サービス期間切れたので、コメントをします。 クラス図に関連と汎化両方の線と繋がっている複数のクラスがある。深さ固定をOFFして、クラスを選択すると、なぜか、クラスに繋がっている関連と汎化線も前面に表わす。これで永遠に線をクラスの後ろに隠すことができません。
返信