ログイン
検索
メインメニュー
開発者ブログ
ブログ一覧
ChangeVisionメンバーズ分布マップ
バウンドクラス

投稿者: ゲスト  投稿日時: 2007-12-30 10:18:52

Eという型名が、「仮引数」として使われているのがテンプレートクラス(たとえば AbstactList)であり、「実引数」として実体が埋められた状態すなわちバインドされた状態(たとえば AstractList<String>)が、バウンドクラスという理解でいいのかな? そうすると、上記 ArrayList の例で、中間層の2つがバウンドでありながら、最下層の ArrayList がパラメタライズドである(いったんバインドされたのに、再度仮引数が出てくる)というのはどういうわけなんでしょう?
投稿する
コメント投稿に関するルール登録ユーザ以外のコメントは承認が必要
表題
投稿者
アイコン
コメントurl email imgsrc image code quote
サンプル
bold italic underline linethrough   


 [もっと...]
オプション顔アイコンを有効にする
XOOPSコードを有効にする
改行を自動挿入する