ログイン
検索
メインメニュー
開発者ブログ
ブログ一覧
ChangeVisionメンバーズ分布マップ
Martin Fowler氏基調講演 - QCon Tokyo -

投稿者:   midori   投稿日時:   2009-4-14 9:59:15

4月9日、10日に開催されたQCon Tokyoで、Martin Fowler氏が「ドメイン固有言語〜その役割〜」という基調講演を行いました。

Fowler氏は、ドメイン固有言語(DSL)を説明するのに、ステートマシン図、クラス図、そして、Javaコードの例を挙げました。ステートマシン図は、処理が一目で分かるのにJavaのコードにすると一目では分からなくなる。ドメイン固有言語はこのコードの「読みやすさ」を向上させるものだという話でした。
---UnderThisSeparatorIsLatterHalf---

その他にもXML、CSS、正規表現、Ruby on Railsなどの例を挙げて、DSLの「読みやすさ」を強調する内容でした。Fowler氏によると、コード生成はオプショナルであり、必須ではない。それよりも、コードの読みやすさが、開発者の生産性を向上させ、ビジネス側の人たちと開発者のコミュニケーションを助けるものだとのことです。

この講演はDSLの導入部分であり、もっと知りたい方はFowler氏のウェブサイトを見てくださいと言っていました。今回の内容も含め、DSLに関する記事を将来アップするつもりだそうです。
http://martinfowler.com/bliki/


UML関連の本の著者として、Martin Fowler氏のことは、JUDEの開発を始めたときから知っていたので、今回この講演を聞くことができてとてもうれしかったです。
投稿する
コメント投稿に関するルール登録ユーザ以外のコメントは承認が必要
表題
投稿者
アイコン
コメントurl email imgsrc image code quote
サンプル
bold italic underline linethrough   


 [もっと...]
オプション顔アイコンを有効にする
XOOPSコードを有効にする
改行を自動挿入する