ログイン
検索
メインメニュー
開発者ブログ
ChangeVisionメンバーズ分布マップ
フォーラム一覧   -   トピック一覧
   旧JUDE/Community, Professionalベータ版へのご意見、ご感想
     ver3 ベータ版へのコメント
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 トピック
okamura
投稿日時: 2006-6-15 16:35
開発者
登録日: 2006-5-2
居住地:
投稿: 157
ver3 ベータ版へのコメント
Community, Professionalベータ版のご試用ありがとうございます。ここで、コメントを受け付けています。
ゲスト
投稿日時: 2006-6-16 8:29
Re: ver3 ベータ版へのコメント
ゲストの「浜田」さんからの投稿です。
---

Ver.2.5.1のファイルを読み込むと関連の線(直線)が矢印付きに
変わってしまいます。
ゲスト
投稿日時: 2006-6-16 10:00
langパッケージ
ゲストの「ron」さんからの投稿です。
---

プロジェクトツリーの直下にlangパッケージを置かないと,
クラス図などで独自定義した型の属性や操作を選択した後,
フォーカスを外したときに,「指定したクラスを生成しますか?」と
ダイアログがポップします.

boo:プロジェクト
+foo:パッケージ
|+lang:パッケージ
||+UI_8:クラス
||+SI_8:クラス

という構成でVer2.5.1で作成していたクラス図を編集してるのですが,
上述のようにダイアログがでてきまして,OKを押すと

boo:プロジェクト
+lang:パッケージ ← パッケージ新設
|+UI_8:クラス ← 該当型がクラスとして新設
|+SI_8:クラス ← 該当型がクラスとして新設
+foo:パッケージ
|+lang:パッケージ
||+UI_8:クラス
||+SI_8:クラス

という感じになります.

どこかの設定の問題でしょうか?
okamura
投稿日時: 2006-6-16 10:09
開発者
登録日: 2006-5-2
居住地:
投稿: 157
Re: langパッケージ
詳しい説明ありがとうございます。ベータ版の不具合でした 。すいません。修正させていただきます。
okamura
投稿日時: 2006-6-16 10:12
開発者
登録日: 2006-5-2
居住地:
投稿: 157
Re: ver3 ベータ版へのコメント
浜田さんコメントありがとうございます。
これ実は、UML2.0の誘導可能性の表記に変換しているためなのです。UML1.xで曖昧だった誘導可能性を、UML2.0ではより明確に表現できるようになっています。今のところ仕様にしたいと考えていましたが、改善案ありますでしょうか?




関連するものとして、システムプロパティに、「UML2.0の仕様で関連を表記する」というオプションがあります。
ゲスト
投稿日時: 2006-6-16 13:48
Re: langパッケージ
ゲストの「ron」さんからの投稿です。
---

バグでしたか(^-^;

では既に発見・解決されてるかもしれませんが,
関連で,投稿後にもうひとつ気がつきまして.

最初のfooパッケージ下にlangパッケージという構成でも,
型のリストボックスには,自分が定義した型が入ってます.

入ってるんですが選択しても反映されないという状態です.

この際に名前空間は
SI_8 - lang
という風に,一応langにあることになってる?ようです.
ゲスト
投稿日時: 2006-6-16 15:30
Re: ver3 ベータ版へのコメント
ゲストの「浜田」さんからの投稿です。
---

浜田です。

 ユースケース図で誘導可能性が意味を持つのでしょうか。
クラス図であれば、理解しますが。

それと、デフォルトの扱いかと思います。誘導可能性を明示的に
使うのが一般か(多いか)というところかと思います。
デフォルトが「誘導可能性未定」であるほうが使いやすいように
思います。

「関連するものとして、システムプロパティに、「UML2.0の仕様で関連を表記する」というオプションがあります。」
は、communityには無いようですね。
okamura
投稿日時: 2006-6-16 18:42
開発者
登録日: 2006-5-2
居住地:
投稿: 157
Re: ver3 ベータ版へのコメント
浜田さん

すいません。Community版の不具合が含まれています。Community版では、今までどおりの見た目になるように修正されます。

おっしゃるように、ユースケース図で誘導可能性は、ほとんど意味をもたないように思います。また、確かに誘導可能性を明示的に使いたい場合は、それほど多くないと思います。
今まで(誘導可能、誘導可能)がデフォルトだったことと、Javaコード出力時に参照していることもあり、このようにしています。が、できればもう少し状況を改善したいと考えています。
okamura
投稿日時: 2006-6-16 18:47
開発者
登録日: 2006-5-2
居住地:
投稿: 157
Re: langパッケージ
本日内部的に修正いたしました。
ゲスト
投稿日時: 2006-6-17 14:34
Re: ver3 ベータ版へのコメント
ゲストの「eiji」さんからの投稿です。
---

Community 3.0Beta1 試してみました。
「関連クラスの変換」メニューが目に付いたので、

[ClassA]1..* -------- 0..*[ClassB]
         |
        [ClassC]

これを Convert to Class してみたところ、多重度情報が
[ClassA]1..* ---- 0..*[ClassC]1..* ---- 0..*[ClassB]
になっちゃいました。

期待してたのは
[ClassA]1 ---- 0..*[ClassC]1..* ---- 1[ClassB]
の形だったんですけど。
これって変ですよねぇ?
(1) 2 »
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を