ログイン
検索
メインメニュー
開発者ブログ
ブログ一覧
ChangeVisionメンバーズ分布マップ
umedaさんのエントリ  umedaさんのエントリ配信

2006/05/31
見える化とパラダイム

執筆者: umeda (1:25 pm)
見えなければ気付かない。しかし、見えているだけでも気付きません。

家ではBBフォン(IP電話)が、遠距離の友人との通話に活躍しています。

BBフォンでは、BBフォンが無効なときには、
・コール開始時のプププ音がない
・機器のVAC(だったかな?)ランプが点灯しない

といった見える機構が存在しています。しかし、存在する(見えている)のに、着信番号を見た友人の指摘を受けるまで、無効になっていることに気付きませんでした。

# ああ、電話代が・・・(;_;)



パラダイム系の本でこんな感じのことばを見たことがあります。
『見なければ信じない。しかし、信じなければ見えない』
パラダイム(そこまで大げさでなくてもよいですが)から外れたことは、見えていても見えないのです。それら情報はただのノイズとして処理(遮断)されるわけです。

今回の現象にあてはめると、ぼく(家族)の頭の中には、インフラ系のシステムは正常に動くという思い込みがあり、見えているにもかかわらず、プププ音などはただのノイズにすぎなかった。次に、(パラダイムというより)思い込みの解消により、見えているものが見えるようになった。

『見える化』は重要です。
ただし、見える化というのは、ただ可視化することを意味するのではなく、
『可視化し、そしてそれが何を意味するのか(パラダイム)を共有すること』
なんだろうな、と思いました。

ちなみに、友人側にもパラダイムの存在を感じましたが、気付けない友人こそが、長電話の相手だったりするわけですね・・(;_;)
umedaさんのブログを読む | コメント (0) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (5780)
このエントリのトラックバックURL
http://astah-users.change-vision.com/ja/modules/weblog/weblog-tb.php?27
印刷用ページ 友達に送る