ログイン
検索
メインメニュー
開発者ブログ
ブログ一覧
ChangeVisionメンバーズ分布マップ
Kotaさんのエントリ  Kotaさんのエントリ配信

2008/05/19
SODECの反応

執筆者: Kota (6:36 pm)
チェンジビジョンは第18回 ソフトウェア開発環境展(SODEC)に出展してきました。
2009年 5月13日(水)〜5月15日(金)

http://www.sodec.jp/SODEC/jp/exhibit/outline.phtml




今回は主にJUDEをメインにもってきて、
・考具(こうぐ)としてのJUDEの方針のプレゼンテーション
・JUDE/Professional5.3での新機能
などをやっていました。









3日間でしたが、
皆説明を担当した私も含め、開発、営業、メーケのみんなは
ヘロヘロでした。
もちろん、ものすごく充実した気持ちでした。

個人的には、ブースの対応ちょっと嫌だなあと思っていました。
軽い気持ちできた人に、無理やり製品説明するのもなーって
感じていましたが、
始まってみれば、皆、好意的に質問をくれたり、
熱心に質問してくれたり、
チェンジビジョン代表のH鍋さん、大好きですとか
JUDE大好きですとかいう意見が聞け、結構うれしかったです。

ブースに来られた方々の分野はさまざまですが、
その悩みも様々であること、
そしてなにかしらの解決をツールやJUDEに求めていることを
実感でき個人的にはかなりの収穫でした。

傾向としては
・(1)UMLを使っていない人が結構多い
UMLの広がりは、ジワジワといった感じで遅いです。
ER図、フローチャート、画面遷移図は使っているが、UMLは使っていない
という人が意外と多かったです。
・(2)マインドマップ対応、モデル間連携が高評価
MM連携は、特にクリエィティブな方は興味津津でした。
"おー、いいですね。"と一緒に会話が盛り上がった人もいました。













ちなみにJUDE/Professional5.3での新機能はニュースリリースでも
公開しておりますが、
・C#対応(プリミティブ型、デフォルトモデル、*.csのエクスポート)
・編集API
・DBリバース
等です。
ベータ版が今月末にリリースされます。

特にDBリバースですが、
特に(1)に該当する方に結構よろこばれるのではないかと思っています。
DBに直接接続して、テーブルをエンティティに変換し*.judeに保存するツールも
これにふくまれます。
(依存、非依存リレーションシップがついてきますので、すぐにER図を自動作成
できます。)
すべてのDB環境の動作状態をご案内するのはむずかしいですが、
こちらではOracle,SQLServer,mySQL,postgreSQL等で簡単な動作確認しております。
ただし、この部分については、すべてのDBの動作を証明するのはむずかしいので
サポート対象外(JUDEのAPIのサンプルとして提供)とさせていただいております。










最後になりましたが、
SODECでチェンジビジョンのブースへ来られた方、本当にありがとうございました。
また、メールやコミュニティサイトでの要望も受け付けていますので
よろしくお願します。
Kotaさんのブログを読む | コメント (0) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (5184)
このエントリのトラックバックURL
http://astah-users.change-vision.com/ja/modules/weblog/weblog-tb.php?197
印刷用ページ 友達に送る